スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    食事と運動で冷え性を改善


    今回の話題は冷え性について。

    当サイトの他のページでも書きましたとおり、
    冷え性は大きく3タイプに分かれます。
     ①代謝が低下して体温が低くなるタイプ
     ②血液がドロドロで末端まで血液が回らないタイプ
     ③自律神経の影響で体温調節がうまくいかないタイプ

    こうなってしまう原因は
    食事の量が足りない・・・熱を作るエネルギーの不足。
    筋肉量が少ない・・・体の熱の6割は筋肉が作るが、その筋肉が少なすぎ。
    血液がうまく行き届かない・・・熱は血液に乗って末端まで運ばれるが、血液ドロドロが原因で、末端まで届いていない。
    自律神経の不具合・・・自律神経が血管を収縮・拡張させているが、交感神経が優位になりすぎ、血管が収縮した状態が続き、血液が末端まで届いていない。

    ↑このような事が考えられます。

    これらを改善するには、基本的には食事と運動が大切です。


    ━━━食事━━━
    食事はタンパク質・アミノ酸を多めに摂ること。
    タンパク質 (アミノ酸) は筋肉を作る材料となります。
    そして代謝をアップさせる働きをしてくれます。
    肉類、魚類、大豆製品、卵、チーズ、牛乳、ジャガイモ等を食べるようにしましょう。

    ━━━運動━━━
    運動では、大きな筋肉を鍛えることが大切です。
    背中、お尻、腹筋、ふともも、ふくらはぎ
    これらの箇所を意識してストレッチ・体操・運動をすると、効率良く熱を作る体になります。

    運動は筋肉を作るという意味でも重要ですが、筋肉の収縮運動が血管に作用して、血液を流すポンプの役割りもします。
    運動をすればしただけ血液循環の良い体になります。

    また、運動をすることによって自律神経 (交感神経と副交感神経のバランス) も整い、必要な時に血管が拡張しやすい体質になります。
    筋肉
     ▲背中、お尻、腹筋、ふともも、ふくらはぎを鍛える

    ━━━その他━━━
    手足の末端など、冷える箇所を温めることも大切です。
    冷たいと感じていると交感神経が働き、体温を逃がさないようにするため血管は収縮します。
    血管が収縮すれば血液が行き届かないため、ますます冷える・・という悪循環に陥ってしまいます。 寒い季節なら暖房器具やカイロなどを使って冷える箇所を温めましょう。




    専門のトレーナーのお話では、
    食事&運動による冷え性改善策は
    「最低でも2週間、体質によっては1ヵ月は続ける必要がある」との事。

    運動は朝晩10分ぐらいの運動でもOKです。
    根気良く続けることが肝心です。




    自律神経は春から夏にかけて副交感神経が優位に働きやすくなり、筋肉や血管が緩んで血液が流れやすくなるため、冷え性・肩こり・腰痛・関節痛・肥満など、血流改善とともに緩和される症状の改善には良い季節となります。

    頑張って体質改善していきましょう。




    たんぱく質を手軽に摂るならプロテイン配合ドリンクも有効
     プロテイン系ドリンク商品
    アミノ酸は筋肉を作り代謝を上げます
     アミノ酸ドリンク商品

    たんぱく質は体内で分解されてアミノ酸になります。
    アミノ酸が合成されてたんぱく質になります。
    したがって結果的には、どちらも同じように
    体に作用します。





    このブログの関連記事:
    冷え性改善
    冷え性(タイプ別対策)

    このサイトの〔サイトマップ(もくじ)


    健康・美容・ダイエット・・・体に良い物をいろいろ探す 美容と健康の探偵団ブログ
    緑ライン
    人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 宜しくお願いします
    ●当ブログは健康・美容・ダイエット・サプリメント・健康食品ランキングに参加中です。
    ●クリックして頂けると大変ウレシイです。 宜しくお願いします。 m(_ _ )m
     
    今日のゆるくワンポイント・・・冷え性改善・・・何らかの病気によって起こる冷え性は、その病気の治療に専念することが大切です。 病気が原因ではない冷え性は食事&運動で体質を改善することができます。
    当サイトの記事はすべて一話完結編です。読む順番は関係ありません。
    それでは・・・また次回 ・・・・・♪
    スポンサーサイト

    テーマ : 健康管理
    ジャンル : ヘルス・ダイエット

    冷え性には温めが肝心



    冷え性には
    ①代謝が低下して体温が低くなるタイプ
    ②血液がドロドロで末端まで血液が回らないタイプ
    ③自律神経の影響で体温調節がうまくいかないタイプ
    と、大きく分けて3タイプがあります。

    タイプは色々ですが、手足などの末端に血液が充分に行かなくなっているのは確かな事。

    単に本人が冷たいと感じているだけでなく、サーモグラフィで体温を見ても明らかに冷え冷えとなっているのが分かるほど、体温が下がっています。

    何とかしたいものですね。


    お手軽な改善法としては下記の方法がありますので試してみて下さい。

    【1】食事・サプリメント

    食事やサプリメントに血流を良くする物が沢山あります。

    神経を刺激して即効で体温を上げるものとしてはショーガ、唐辛子(カプサイシン)。
    ジワジワ体温を上げるものとしてはタンパク質。
    血液をサラサラにして通りを良くするものとしては、DHAやEPA、ポリフェノール系、イチョウ葉エキス・ニンニク・ウコンなどがあります。



    【2】運動・マッサージ

    有酸素運動(ウォーキング・ジョギング等)、体操などによって血行を良くし、体温を上げることも重要ですし、マッサージによって血管に刺激を与えることも重要です。

    血管は血液の通りが良くなることにより柔軟になり、広がりやすくなり、ますます血行が良い体質になります。

    逆に、血行が悪い状態を放置しておくと血管は硬くなり、広がりにくくなり、ますます血行が悪い体質になりますので注意が必要です。



    【3】温めること

    そして一番あたりまえで、一番良いのは温めること。

    気温が下がると血管は収縮します。
    これは体温を逃がさないように自律神経が自動で行なっています。

    血管が収縮すれば、もともと血行が悪い人はマスマス血行が悪くなります。
    血行が悪くなった血管は次第に硬くなり、細くなり、回復しなくなります。

    特に血液が届きにくい手足の末端は温めて血液を呼び込む事が大切。
    血液が巡るクセを付けてあげることが重要です。

    手なら手袋やカイロ
    足なら湯たんぽ、足温機、足湯。
    できれば長い時間にわたって温めると効果が増します。




    カイロ・商品一覧
    足温器・商品一覧
    足湯 関連商品
    冷え性対策フットケア用品



    体が冷えることは、免疫力低下につながり
    様々な病気の原因となりますので、改善に努めていきましょう。



    このブログの関連記事:
    冷え性改善
    冷え性(タイプ別対策)

    このサイトの〔サイトマップ(もくじ)


    健康・美容・ダイエット・・・体に良い物をいろいろ探す 美容と健康の探偵団ブログ
    緑ライン
    人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 宜しくお願いします
    ●当ブログは健康・美容・ダイエット・サプリメント・健康食品ランキングに参加中です。
    ●クリックして頂けると大変ウレシイです。 宜しくお願いします。 m(_ _ )m
     
    今日のゆるくワンポイント・・・冷え性対策・・・冷え性には色々なタイプがあります。 特にホルモンバランスが崩れたり自律神経が乱れたりすることにより「のぼせ」・「冷え」が極端に来る場合は医師に診てもらって下さい。 加齢や運動不足や食生活の悪化から来る冷え性はセルフケアで改善余地があります。
    当サイトの記事はすべて一話完結編です。読む順番は関係ありません。
    それでは・・・また次回 ・・・・・♪

    テーマ : 健康で過ごすために
    ジャンル : ヘルス・ダイエット

    たんぱく質は体を温める



    皆さん  こんにちは

    まだまだ寒い日は続きそうですね。

    たんぱく質を多く摂ると体が温まる効果が出ます。

    寒い季節にはオススメです。
    冷え性や肩こりなど、体を温める必要がある症状にも良い効果があります。



    たんぱく質 (プロテイン) を多く摂ると、消化時に胃が大きく動き、熱が出るそうです。
    たんぱく質が消化されるとアミノ酸になり、肝臓で分解されますが、この時にも熱が出て体が温まるそうです。

    タンパク質が多く含まれている食品は、
    肉類(牛サーロイン・豚ロース・鶏ムネ肉・鶏ささみ・豚ひれ肉・ロースハム等)、魚介類(うなぎ・サケ・マグロ・カツオ・鯛・かまぼこ等)、大豆製品(豆腐・納豆・大豆等)、卵、チーズ、牛乳、ジャガイモなどがあります。

    タンパク質は体内細胞を作り、心臓・血管・筋肉・内臓・脳・骨などの細胞を健康にします。
    ホルモンや酵素の原料ともなり、代謝を活性化させて脂肪を燃焼させるダイエット効果も持っています。

    そして筋肉が作られる事により、さらにカロリーを消費しやすい体質にする事ができます。

    また肌・髪の毛・血管など様々な細胞が新鮮で健康な細胞に生まれ変わるため、美容や健康管理にも欠かせない栄養素です。


    タンパク質をたくさん摂って、健康で温まりやすい体を作りましょう。





    健康・美容・ダイエット・・・体に良い物をいろいろ探す 美容と健康の探偵団ブログ
    緑ライン
    人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 宜しくお願いします
    ●当ブログは健康・美容・ダイエット・サプリメント・健康食品ランキングに参加中です。
    ●上のバナーをクリックしてランキングサイトに訪問して頂くと、当サイトに点数が入り、ランクが多少上がる仕組みになっています。
    ●クリックして頂けると大変ウレシイです。 宜しくお願いします。 m(_ _ )m
     
    今日のゆるくワンポイント・・・タンパク質(プロテイン)・・・肌・筋肉・血管・内臓・髪の細胞を作ります。 消化されたり分解されたりする時に熱がでるので体を温める効果もでます。
    でわでわ・・・ また次回 ・・・・・

    テーマ : 食と健康
    ジャンル : ヘルス・ダイエット

    その他

    ブロとも申請フォーム RSSリンクの表示 Powered By FC2ブログ QRコード

    この人とブロともになる

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QR
    プロフィール

    ビー丸

    Author:ビー丸
    皆様こんにちは。B丸です。
    美容と健康の探偵団ブログへ
    ようこそ。
    このブログは毎回テーマを決めて、初心者さんにも分かりやすい一話完結編のミニ健康辞典のようなブログにしていけたら・・と思っています。
    テーマにそった商品一覧も作成中。
    美容・健康・ダイエット生活のヒント探しに、ユックリ見ていって下さい。


    Sitemap相互リンク

    このブログ記事のカテゴリ
    梅 (1)


    項目 ブログのトップページへ
    項目 【これイーね】記事一覧
    項目 サイトマップ
    最近の記事


    項目 ブログのトップページへ
    項目 【これイーね】記事一覧
    項目 サイトマップ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    楽天・おすすめ

    楽天市場ショッピング

    楽天トラベル
    宿泊・日帰り旅行案内
    国内・海外旅行案内
    旅行・ドライブコース
    宿探し&乗車券手配

    宿探し

    季節のお知らせ
    フリーエリア
    ショッピング
    商品サーチ
    最新コメント
    リンク
    最新トラックバック
    美容と健康の探偵団ブログ

    FC2Blog Ranking

    美容と健康ブログ集
    項目新着記事を見てみよう項目

    ダイエット
    人気ブログランキングへ
    サプリメント
    人気ブログランキングへ
    生活文化>美容・健康

    健康とダイエット
    健康・ダイエットランキング

    ダイエット
    ランキング



    メーカー別リンク
    サイト内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。